読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋解説動画レビュー

youtubeの将棋動画をレビューします。初心者の人が楽しく将棋を続けられそうな動画を紹介していきます!twitter@lectureshogi

第30期竜王戦1組羽生ー三浦戦

先日行われた三浦九段の復帰戦についてしゃべりました。良かったら見てください。

 

youtu.be

数の攻め

 いつもバイト先でやっているような説明をスライドにしてみました。

将棋をする上で1番初めに覚えるべき考え方は、数の攻めなんじゃないかと個人的に思っています。

なぜかというと・・・

①普遍的に使える考え方だから

②自分の指し手が上手くいっているかどうか確認しやすい

 

 特に②が重要だと思います。初心者の方が将棋を挫折してしまう要因として、何をやっているか分からない間に負かされてしまうという点が挙げられると思います。なので対局が終わった後に自分の指し手がどうだったかをしっかり検証できる為のフレームはとても重要だと思ってます。そんな時便利なのが、数の攻めです。確かにいちいち駒の利きを確認したりするのは煩雑かもしれませんが、それを繰り返す事で良い攻め方、悪い攻め方というパターンが自分の中で蓄積されていきます。

 

 棒銀でもかなり良く使う概念なので知っておくといい事しかないと思います。

 

youtu.be

「自工程完結」という概念で将棋を見る。

今回は自工程完結という概念を使って将棋を捉えるという試みをしてみたいと思います。

1.自工程完結とは

 

 トヨタ自動車で実施されている、ホワイトカラーの生産性を上げるために試みられている施策。

 

 やってはいけない、起こしてはいけない、といった単なる「心がけ」ではうまくいかないということです。(中略)そこで私が考えたのが、「心がけ」ではなく、科学的に仕事の進め方を捉えることでした。ミスをなくしたり、やり直しをしなくても済むアプローチをするということです。それが、「自工程完結」です。

 

トヨタの自工程完結、ダイヤモンド社、11頁より

 自工程完結を私なりの解釈でまとめると、「仕事に於ける意思決定の過程を徹底的に洗い出した上で自分の進捗を実感しながら工程を進めていく」ということになると思います。

 

2.自工程完結を将棋に当てはめると

 

1.仕事の目的・目標(到達レベル)を明確にする

→戦法の狙い

2.仕事の最終的なアウトプットを明確にする

→ゴールとすべき局面図

3.仕事の手順を明確にする

→ゴールに至るまでの棋譜

4.要所・要所で「これでよし!」と判断できる基準を明確にする

→部分的な駒の配置

5.各手順で必要なものを明確にする

→格言、手筋、将棋の考え方

 

 こんな感じになると思います。これだけだと概念的で分かりにくいので、明日からは「棒銀戦法」を例に実践していきたいと思います。よろしくお願いします。

 

棒銀の銀交換は本当に棒銀側有利なのか?

棒銀は銀交換すれば成功」というセオリーはよく聞きますが、私の実感としては怪しいんじゃないかと思っています。銀交換をされても金を寄せていけば、かなり戦えるという印象があります。今日はそんな将棋を紹介します。

 

youtu.be

引き角棒銀始めました。

表題の通りです。引き角+棒銀の形をしばらく試してみます。宜しくお願いします!

 

          f:id:takahashikaito94:20170123172745p:plain

▲初手7八銀戦法

今日は出先なので動画の紹介だけします。

最近は、初手に7八銀と上がる形を多用してます。詳しい狙いは追々書きます。よろしくお願いします。

 

youtu.be

アゲアゲ☆将棋実況さんとの対局が実現しました!

将棋実況で有名なアゲアゲ☆将棋実況さんとの対局が実現しました!

戦型は2手目△3二銀戦法です。割と面白い将棋だと思うので良かったら見てください!

 

youtu.be