将棋解説動画レビュー

youtubeの将棋動画をレビューします。初心者の人が楽しく将棋を続けられそうな動画を紹介していきます!twitter@lectureshogi

TPSの挑戦

1.私とビジネス書

 いきなりですが、自分はビジネス書を読むのが好きです。「ダイヤモンド」や「東洋経済」などの雑誌は表紙を見て面白そうだと思ったらとりあえず買ってます。数あるビジネス書の中でも特に好きなのが、トヨタの働き方について書かれた本です。大野耐一氏の「トヨタ生産方式ダイヤモンド社や佐々木眞一氏の「トヨタの自工程完結」は何回も読み返すくらい好きです。

 

2.科学的な仕事

 なぜトヨタ関係の本に惹かれたかというと、科学的に仕事を捉えているからです。将棋に関して、基本的には自分も理論を積み上げていく事が正しいと考えているので、自分の考え方とマッチしてるんですよね。任意の仕事が含む仕事を動作レベルまで言える化してみんなが一定水準の仕事を出来るようにする。そのような思想の基で、社員を育てることで本当に強い組織が出来ていく様に感銘を受けました。また、「必要なものを必要な時に必要なだけ作る」という姿勢を表したjust-in-timeや仕事を進めていく上で無駄のない準備を目指す自工程完結日常の意思決定にも生かせる事が多いとおもいます。

 

3.将棋の情報にもトヨタ的な要素を入れたい

 前置きが長くなりましたが、将棋の情報を提供する際にもトヨタ的な要素を盛り込んでいきたいなと思いました。どう具体化するかはコンテンツ産業の方や棋士の方などに話を伺って構想中です。表題のTPSは一般的にはToyota Production Systemの略語ですが。ToyotaをTakahashiに出来るように頑張ります!笑

 

     youtu.be

棒銀②

棒銀の第2回目です。

①では居玉のまま攻めて行きましたがあまりうまくいきませんでした。今回は最低限玉を囲ってから攻める順を紹介しました。

f:id:takahashikaito94:20170119132147p:plain

 

 オススメの囲いは7九玉、5八金右、7七銀型です。この囲いは

①一段目に金がいるので飛車の打ち込みに強い

②一段目に玉がいるので縦からの攻めから遠い

などの特徴があります。なので飛車を切ったりする攻めをやりやすいです。攻め好きの人にはオススメな形です。

 

 

youtu.be

棒銀①

昨日の投稿への反響が大きくてびっくりしました。

嬉野流って人気なんですね。

ちなみに私は本家の嬉野さんと4局指して2勝2敗です。

相手の力が強すぎて手のひらで泳がされているような感覚でした。

 

今回は初級者用解説動画です。

棒銀の第1回目です。

先手が居玉で攻める形です。結論から言うと居玉のまま攻めるのはやや無理筋だと思います。なぜなら後手番に定跡化された受け方があるからです。詳しくは動画をみてください。なので最低限の囲い+棒銀が一番良いと思ってます。それについては②を作りたいと思いますのでそちらをご覧ください。ではでは。

 

youtu.be

対嬉野流

今日はちょっと卒業活動()が忙しいので動画だけ置いておきます。今回は嬉野流です。

 

     youtu.be

石田流やってみました。

今回は振り飛車をやってみました。個人的に振り飛車は、左の金をどう使うかが勝負だと思います。今回は割と上手く使えたと思うので良かったら見てください。

 

     youtu.be

横歩取り△4五角戦法関連動画

先日紹介した△4五角戦法の関連動画を紹介したいと思います。(自分で動画を作るよりもこちらを見ていただいた方が良いと判断しました)よろしくお願いします。

 

 横歩取り△4五角戦法の狙いを知ろうその①

www.youtube.com

② 横歩取り△4五角戦法の狙いを知ろうその②

www.youtube.com

③【将棋ウォーズ実況34】 横歩取り超急戦4五角戦法 【10切れ】

www.youtube.com

居角左美濃急戦

今日は居角左美濃急戦を扱います。

f:id:takahashikaito94:20170114194029p:plain

 

ベースとしたのは「糸谷&斎藤の現代将棋解体新書」(マイナビ出版)で扱われていた変化です。

ポイントとしては

①早めに4六角型を作る→相手陣の牽制

②玉は6八に行く→飛車を切りやすくする

③金は6七に上がらない→当たりを避ける

 

細かい手順はちょっと突っ込みどころが多いと思いますが、イメージは示せたかなと思います。何かの参考になれば幸いです!

 

                       youtu.be