読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋解説動画レビュー

youtubeの将棋動画をレビューします。初心者の人が楽しく将棋を続けられそうな動画を紹介していきます!twitter@lectureshogi

囲い解説動画②

今回は、囲い解説動画の2回目です。

 

クロノさんの【将棋講座】目指せ初段!強くなるために【序盤編】

  

www.youtube.com

 

動画の構成

この動画では序盤が強くなるためのエッセンスが5個紹介されています。それぞれ見ていきましょう。

1.囲いを覚えて玉をしっかり囲いましょう

 囲いは重要です。王様が詰まされにくくなるので。

(構成)①矢倉 ②舟囲い  ③穴熊 ④美濃 ⑤銀冠

→囲いの特徴や攻略手順の1例が解説されています。

 

2.戦法を絞ろう

 筆者も最初は四間飛車だけに絞って将棋を勉強して四段になりました。振り飛車は想定した形にしやすく、居飛車はいろいろな将棋を楽しめます。

(構成)①振り飛車について ②居飛車について

 

3.攻めの構想を描こう

攻めるのに有力な形を紹介しています。色々な駒が協力して相手の陣地を破る感覚を知れば将棋は楽しくなると思います!

(構成)①石田流本組み ②右四間飛車

4.定跡を覚えよう

クロノさんの言う、「定跡は将棋の天才のプロ棋士が研鑽の結晶。これを覚えない手はないです。」ここにとても共感しました。筆者も藤井九段の四間飛車定跡の美しさに魅せられました。やはり最初は真似から始まります。

 

やる気ある人      →将棋の本を買いましょう

まだそこまでじゃない人 →ネットやアプリで定跡を調べましょう。

 

ただしいつも定跡通りになるわけではないです。(将棋には無限の指し手があるので)そんな時はこう思いましょう

「プロ棋士が作った定跡を外しているんだから何かしら破綻があるはずだ」

 

5.格言を覚えよう

格言は将棋のセオリーを学べるものです。将棋は具体的な手順を覚えても、そのまま同じ手順で進行することはあまりないです。そこで役に立つのがざっくりとした方針を教えてくれる格言です。実は将棋は悪い手が多いゲームです。実はアマチュアの高段者でも悪い手をいかにささないかの勝負になっているところがあります。格言で将棋の方針を学ぶことで、悪い手を指す可能性がぐんと下がります。

 

象棋力          初心者〜5級

声(トーク)の聞きやすさ。 ◯◯◯◯

解説の分かりやすさ     ◯◯◯◯

難易度           ◯◯◯◯◯

お役立ち度         ◯◯◯◯◯

楽しめ度          ◯◯◯