将棋はビジネスに活きるのか?

大学卒業までほぼ将棋しかやってこなかった筆者がビジネスの世界で感じたことを書きます。

数の攻め

 いつもバイト先でやっているような説明をスライドにしてみました。

将棋をする上で1番初めに覚えるべき考え方は、数の攻めなんじゃないかと個人的に思っています。

なぜかというと・・・

①普遍的に使える考え方だから

②自分の指し手が上手くいっているかどうか確認しやすい

 

 特に②が重要だと思います。初心者の方が将棋を挫折してしまう要因として、何をやっているか分からない間に負かされてしまうという点が挙げられると思います。なので対局が終わった後に自分の指し手がどうだったかをしっかり検証できる為のフレームはとても重要だと思ってます。そんな時便利なのが、数の攻めです。確かにいちいち駒の利きを確認したりするのは煩雑かもしれませんが、それを繰り返す事で良い攻め方、悪い攻め方というパターンが自分の中で蓄積されていきます。

 

 棒銀でもかなり良く使う概念なので知っておくといい事しかないと思います。

 

youtu.be