将棋はビジネスに活きるのか?

大学卒業までほぼ将棋しかやってこなかった筆者がビジネスの世界で感じたことを書きます。

大企業型、NPO型、個人事業主型を見分ける3つの指標

お久しぶりです。

今回は人間の欲求の特性と向いてる組織の話をします。

人間には①権力欲求②親和欲求③達成欲求の3つの欲求の特性があります。順々に見ていきましょう。

 

①権力欲求(大企業型)

権力欲求は「責任」「競争」「影響力」「地位や身分」が好きな人である。権力動機は先天的であり、伸ばすことも弱めることもできない。

 

②親和欲求NPO型)

親和動機は、他者からよく見てもらいたい、好かれたいという願望が強い人であり、心理的な緊張状況には一人では耐えられなくなる傾向のある人である。権力動機同様、先天的な資質であり伸ばすことも弱めることもできない。

 

③達成欲求フリーランス型)

個人的な進歩に最大の関心があり、何事も自分の手でやることを望み、中程度のリスクを好み、自分が行ったことの結果について迅速なフィードバックを欲しがる。

 

将棋を指す人は大体③にはいると思います。

将棋は自分の思考が何のごまかしもなくさらされる競技なので他者からよく見られたいという願望は皆無です。

また盤を挟めば社会的な立場は関係なく、負けた方が頭を下げないといけないので、あまり立場とか身分を重視はしないです。

 

大企業向いてないな常々思いつつも、なんで向いてないのか言語化できてなかったのでスッキリしますね。完全に今の組織と欲求の関係がズレてますが笑

やっぱ将棋指しは基本的にはフリーランスしかできない気がしています。